学校ドリマ授業ガイドライン作成しました

6月20日に「2020年度学校ドリームマップ授業の実施について」の中でご案内しております
ドリマ授業ガイドライン第2版を作成いたしました。
今後も、社会の状況の変化に合わせて随時改訂しながら、関わる全ての皆さまの安全も考えて
実施運営してまいります。

【新型コロナウイルス感染拡大防止のための学校ドリームマップ授業実施ガイドライン】
(2020年度第2版 0706作成)

1 目的
学校ドリームマップ授業の実施にあたっては、児童・生徒、教職員、ドリームマップファシリテーター(以下「ドリマ先生」という)及びその家族など関わる人の命を守ることを第一と考え、関係者に対する不安解消に向けた最大限の配慮を行ったうえで、安心・安全に学校ドリームマップ授業を子どもたちに届けることを目指すとともに、感染拡大防止のため社会的な責任を果たすことを目的に本ガイドラインを作成する。

【参考基準】
本ガイドラインは、学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル~「学校の新しい生活様式」~(2020.5.22 Ver.1)及び、令和 2 年 6 月 1 日、文部科学省総合教育政策局地域学習推進課文部科学省初等中等教育局健康教育・食育課より PTA に対しての事務連絡「新しい生活様式を踏まえた御家庭での取組について(協力のお願い)」を参考に、「学校教育活動の実施の可否やあり方は、児童生徒等及び教職員等の生活圏(児童生徒等、教職員及び保護者の通学・通勤圏や、発達段階に応じた日常的な行動範囲等)におけるまん延状況により判断することが重要」との方針に沿って作成するものである。

2 基本方針
1)HP に最新のガイドラインを掲載し、学校や保護者が確認できるようにする。
2)学校から授業の申し込みがあった場合は、本ガイドラインの確認・了承を得た上で、コーディネーターが、実施を前提にドリマ先生の募集等準備を開始する。
3)要件が整い、実施となる場合は、以下を双方の合意事項として確認し、書面を交わす。
・コーディネーターから実施の際の留意点及び授業の中止についての方針を説明
・学校からの追加条件がある場合は加味
・学校ごとに実施及び中止の基準についてひな形をもとに確認
4)当日は以下3に示す「参加条件およびリスク管理基準」を承諾したドリマ先生が授業を担当する。
5)コーディネーターは参加したドリマ先生の連絡先を把握しておく。

3 参加条件およびリスク管理基準
1)実施日以前の2週間の自身及び家族の体調に留意し、以下の項目に該当する場合は、コーディネーターに事前に報告し、参加を取りやめる。
・過去2週間以内に発熱や風邪の症状で受診・服薬をした
・過去2週間以内に海外から帰国(入国)した
・新型コロナウイルス感染者と濃厚接触した
・平熱以上の体温や風邪症状がある
2)前日及び当日の朝に検温し、発熱や風邪の症状がある場合は、集合時間前にコーディネーターに連絡し、参加を取りやめる。
3)マスクを着用して授業を行い、こまめに手指の消毒もしくは手洗いを行う。その他、学校側の定める方針に留意し授業を行う。(4)給食等昼食は教室以外の別室でとり、ドリマ先生同士の安全な距離を確保する。打ち合わせの際に安全な距離を確保する。
ゴミは持ち帰る。
以上

PAGE TOP